初老の小説家に飼われた超絶スレンダー妻 星谷瞳

初老の小説家に飼われた超絶スレンダー妻 星谷瞳


ある日、夫は担当している官能小説家の先生を自宅に連れてきた。そして感想を聞かせてほしいと原稿を置いて帰った。その原稿を読み進めているうちに私は経験したことがないような興奮に襲われた。左手は知らずのうちにスカートの中へ・・・。数日後、先生が一人で訪れて思いもよらぬ言葉を・・・。「あの小説はあなたの物語だ・・・」

初老の小説家に飼われた超絶スレンダー妻 星谷瞳

— Delivered by Feed43 service